こんにちは、オカリナ礼音です。

オカリナに出会って15年。本当にこの楽器に出会えてよかったと思ってる、60代の主婦です。


オカリナを選ぶとき、どうしても「音色」に注目しがちですけど、実はそれと同じくらい「操作性」も重要です。

操作性は、指穴の位置と大きさによって大きく変わりますので注意しましょう!


そこで今日は、オカリナを選ぶ時の「指穴」について、書いていきますね。 



 
スポンサーリンク





7つのメーカーを吹いて分かった!オカリナの指穴は、メーカーで全然違う!
 
 
c18e9e04a251181dd04ed490eeddc9d0_s
オカリナ出会ってドハマリしている毎日ですけど、今までになんと7つのメーカーのオカリナを吹く機会にめぐり会いました。



私の場合、

ナイトオカリナ→アケタオカリナ→ティアーモオカリナ→ポポロオカリナ→小川オカリナ→カンターレオカリナ→TNGオカリナ


ですね。



その中でどんぴしゃでハマったのが、「ポポロオカリナ」です。



色々なメーカーのオカリナを吹き比べて感じるのは、「メーカーによって指穴の作りがかなり違う」ということ。

すごく指穴同士の間隔が広かったり、狭かったり。指穴の配置も、左右・前後に離れていたり、中央にくっついていたり。

はたまた、指穴のあいている面積(大きさ)も小さかったり、大きかったりと。




このメーカーによって全然違う指穴、オカリナを選ぶときに、ものすごく重要になるのです。


オカリナを演奏するときの操作性に関わってきますからね。





オカリナを選ぶ時の「指穴」のポイントは!?

 
0dc73ae7b913bb826cbcf819e18020e7_s
手や指の大きさや長さ、指関節のやわらかさや固さは、人それぞれ違うので、「これがべスト!」とは言えません。

しかし、自分の指が動かしやすい位置にあり、ふさぎやすい大きさであるのが「1番楽」であることは、間違いありません。




オカリナの裏面の2つの穴を両親指でふさいだ後、オカリナの表面の指穴の位置を確認してみて下さい。


・4本指でしっかりふさげるか

・ふさぎやすい位置にあるか

・自分の指の太さと穴の大きさは、大きく違ってないか




確認してみて、「どうもしっくりこないかも・・・」と感じる場合は、ベストではなく「ベター」なのかも知れません。「ジャストフィット」ではないかもネ。

でも慣れるという方法で、解決することもできますが。



でも日本全国オカリナを作っているところは、とにかくたくさんあります。ですが、どれも似て非なるオカリナなのです。





私の場合、ポポロオカリナの指穴の大きさ、位置がみごとな程「ジャストフィット!」で、とっても「楽!」でした。

オカリナの裏面の親指でふさぐ穴の大きさも、すぽっとふさぐことが出来ましたし、親指穴の位置も離れすぎず、近すぎずで「疲れない!」だったのです。

オカリナの表面の4本指穴も、指をそっと落とした所に指穴があいている感じで、これがまた「疲れない!」

 


「ジャストフィット」に出会えた私は、超ラッキーだと思いますヨ。

多種のオカリナ達の中から、割と早いうちに出会えましたから。





関節が固い私には、小川オカリナは難しかった・・・
 

KIMG0874
でもそんな私も、「ああ、これはちょっと違うのかな」と、思うこともありました。

それが楽器店に並ぶことのない、レアなオカリナ「小川オカリナ」です。




1度聞いて、低音と中音の綺麗さに思わず衝動買いをしましたが、私の指関節の固さがネックになり、マスターできませんでした。トホホ・・・

ティアーモ式運指なので、特殊運指ではありません。

でも、オカリナの裏面の2つの親指穴が結構離れているんです。この2穴を親指でふさいだ後、オカリナ表面の4本指がふさぐ穴に、個性が強く出ています。



表面をふさぐ右手人さし指と、右手中指(ティアーモ式なので、小穴もあります)が、それが微妙に左方向に傾いた状態でふさぐようになっていたのです。

ちょっとフルートを持っている感じになりますが、なにせオカリナのあの短さ、小ささです。

指関節の固い私は、練習中にすぐに痛くなってしまいましたよ。




無意識に右手指の傾きをかばおうとしたためでしょうか。手首まで痛くなり、ズキズキしてしまいました。

残念ながら、私には縁のないオカリナとなってしまったのでした。



関節が柔らかければとボヤいても、固いものは固い(涙)

もちろん、私のように指関節が固くなければ、全然問題ないですヨ。

小川オカリナの特徴でしょうか、低音中音に比べると、高音はひと工夫、ふた工夫しないと、伸びやかさがぐんと減ってしまう。



オカリナを永く楽しむ為には、「ジャストフィット」が重要で、「つかれない」、「楽」と実感できるオカリナがお勧めですよ。





オカリナ礼音の本日のまとめ♪
 

04bcf4000071966273871eb354c4f795_s


それでは、本日のまとめですヨ!

オカリナを選ぶ時に、音色だけでなく、「操作性」で選ぶことが重要な理由は次の通りです。



・オカリナという「音色」に注目しがちですが、指穴の位置と大きさは、操作性に関わるのでとても重要。

・オカリナ裏面の親指でふさぐ2穴の位置、大きさに無理がないか、確かめよう!

・オカリナ表面の4本指の位置は、親指でふさいだ後の連動がスムーズか、確かめよう!

・指穴が自分の手指の動きの特徴とクセとあってないと、関節が痛くなりますよ! 
 


「ジャストフィット」で、「疲れない」、「楽」と感じるものを見つけられるといいなあと、思います。

オカリナフェスティバルで、色々なオカリナメーカーがブースを出すときに、吹き比べると「ジャストフィット」に出会えるかも知れませんネ!


それでは、また。