こんにちは、オカリナ礼音です。

オカリナに出会って15年。本当にこの楽器に出会えてよかったと思ってる、60代の主婦です。


何か1つでも趣味に没頭tできることがあると、日々のメリハリがついていいものです。

でも60代にもなると、体力的な衰えもあり、楽しめる趣味も限られてしまうのも現実です。




そこで今日は、60代から始める趣味にはオカリナがお勧めな理由について書いていきますね。

 
スポンサーリンク




オカリナに出会う前は、あれこれ趣味に手を出したものです。
 

f8fe8f933e19022429c3dd0f105e1591_s
オカリナに出会う前は、手芸などあれこれやっていました。

パッチワーク、刺子、ホームソーイング、エコクラフト、リボンフラワー、アメリカンフラワー、水彩色えんぴつ画、ちりめん細工、ビーズクラフト、などなど・・・。

よくもまあ色々と楽しんできましたね。汗

でもそれはそれでとっても楽しかったですよ!




でも非常に悲しいことに、年齢とともに「老眼」がネックになってきてしまったのです。

ちょっと集中するだけで、「眼精疲労」で眼がショボショボ・・・!




目を使わないで楽しめるオカリナは、60代からの趣味に最適!
 

f022ca2f37361b051f3d1fff7fa3599a_s
その点、オカリナは楽譜だけ見ればいいのです。音符が小さいと思えば、拡大コピーをすれば問題ないですからね!


他の「作る系の趣味」みたいに、どんどん増えて行く自作品の保管場所に困ることもなく、楽しめることができるのです。




そしてもう1つ、60代で始める趣味として最適な理由として、楽器の小ささがあります。

見ての通り、オカリナって本当に小さい楽器ですから、非力な私でも楽ーに、扱うことができるのです。

ずっと吹いていても、楽器が重くて肩が凝る!なんて、60代昔女子の特有の悩みに悩まされることもありませんしね!



私は今十数本、所持しているオカリナですが、縦25cm×横45cm高さ20cm程のプラスチック製の工具箱(DIYセットを入れる物)に立てるように入れると全部入ってしまいました。

楽器を入れるには、その工具箱1つで十分なのです。
(オカリナ専用のアルミ製のガッチリしたトランクも売ってますよ!よくプロが持ち歩いてますね!)





ポポロオカリナは、1つ1つにオカリナを入れるソフトケースがついているので、ソフトケースに1つ1つ入れて立てかけるように工具箱に収納できてしまうのです。

隙間が多少あるときは、もらったけどいらない「ポケットティッシュ」にはさんでおけば大丈夫です。

その小さいプラスチックの工具箱ひとつもって、誰もいない川原で1人で思う存分大きな音出して吹くなんてことも可能ですからね!

この小ささは、本当にありがたいです!



ピアノは一人じゃ運べないし・・・・もちろん、私、ピアノ大好きですよ!

家にもありますし、たまに埃掃除がてら弾くこともあるんですけどね。




オカリナ礼音のまとめ♪
 

04bcf4000071966273871eb354c4f795_s
それでは、まとめましょう!

60代からの趣味でオカリナがお勧めな理由は、次の5つですよ!


1・オカリナの良さは、なんと言っても「心いやされる音色」

2・眼精疲労に悩まされることなく楽しめる!

3・保管場所がスペースを取らない!楽譜は少しずつ増えるけど、自作の手工芸品のように、どう保管しようか困るほどではありません。

4・オカリナは小さい楽器なので、大きな楽器のように場所を取らない。

5・携帯に便利!非力な60代昔女子でも、楽々扱えます!


ちなみにプラスチックの工具箱は、中段のないタイプで2,000円程度でしたよ!

底とフタの部分にフェルトを何重か敷いて、クッション代わりにしました。


プロ仕様のオカリナケースはベストです。

けど大きい割にはそれほどたくさん収納できないんですよね。もちろん、それは大切なオカリナを守るためなんですけどね。


それでは、また。