こんにちは、オカリナ礼音です。

オカリナに出会って15年。本当にこの楽器に出会えてよかったと思ってる、60代の主婦です。



数あるオカリナの種類の中で、SF管派なのか、SG管派なのか、論争があります。

・・・え、栃木だけ?いやいや、きっと全国のみなさんのところでも同じような論争があると信じてますよ!


ちなみに私は、「SG管派」ですよ!


これは全くの好みの話なのですけど、今日はこれについて書いていこうと思います。


 
スポンサーリンク


SG管の魅力は、「クリアで哀愁のある音色」!

6e46ae9eb07642ad51700dcf9a91c360_s
私の大好きな宗次郎先生曰く、



AC管は、甘い音色だ・・・!

by宗次郎先生

・・・確かに!これは本当にそう思いますね。


P管は小鳥のさえずりに近いクリアな音。

SF管はAC管に近いので、とっても優しい音になります。


そして私の大好きなSG管は、P管に近いのでクリアで哀愁のある音になりますよ!



SF管は、「鼻づまり」のような音!?それとも相性が悪いだけ!? 

987eca87017b5f2fa265f89558d4724a_s
私はSF管との相性が悪いのでしょうか。。。

練習しても練習しても、なんだか「鼻づまり」のような音になってしまうのです。

ええ、鼻がつまるのは「花粉症」の季節だけで結構です。栃木は杉花粉の生産国ですから。


それはさておき、「あーでもない、こーでもない」と音探りをしても、「鼻づまり」の音しかでないのは、何気に悲しかったりもします。

自分で自分の出しているSF管の音を聞くのが苦痛になるほど。



正直、SF管についてお手上げ状態。どう吹けばいいのか、全く分からない日々が続いております。困ったなあ・・・。


SF管の悩みは、SG管で一気に解消!音色も好きだし、やっぱりSG管派だね!

c18e9e04a251181dd04ed490eeddc9d0_s


私が今使ってるSF管は、楽器店にたまたま並んでいたものを買ったオカリナです。衝動買いではないよ!

だからピッチを高めに作って欲しい・・・とか、我ままを言わずに買ったものなのです。



ピッチがぶら下がらないように、チューナーを見ながらブレスを入れると、管の大きさによる許容量を越えてしまうのか、風切り音になってしまい、いつも何かいい方法はないのかと模索しております。


でもそんな悩みはSG管では、一気に解消されてしまうのですね。

だって少しだけオカリナを斜め上に上げただけで、いい音がでましたからね。びっくり。

SG管はSF管よりさらに小さい管にも関わらず、なのにね。



もちろん、吹き方の問題もあるけど、どこか哀愁のあるSG管の音色は私の心を強く揺さぶるのです!


SF管とSG管を吹いてみた違いについて、まとめましょう! 

04bcf4000071966273871eb354c4f795_s
それではまとめましょう!

SF管とSG管を吹き比べてみた感想は、以下の通りです。


1・SG管の魅力は、「クリアで哀愁のある音」!これはハマりますよ!

2・SF管とは相性が悪い?涙 どうしても「鼻づまりの音」が出てしまう(助けて!)

3・SF管の悩みは、SG管では簡単に解決!やっぱりSG管が好き!




いいですよね、オカリナ。

こうやって、色んな種類のオカリナを吹き比べられるって。これは他の楽器ではできない、最高の贅沢ですよね。


ぜひぜひオカリナライフ、楽しみましょう!


それでは、また!