こんにちは、オカリナ礼音です。

オカリナに出会って15年。本当にこの楽器に出会えてよかったと思ってる、60代の主婦です。



オカリナをやってて本当に楽しいのは、「いい音」を求めて、「音さぐり」をすることです。

「あーでもない、こーでもない」と、試行錯誤をしては、自分の納得のする音を探すのです。


オカリナに興味のない方にとっては、ちょっと病的なこの「音さぐり」。

でもオカリナにハマると、本当に楽しいのです。


そこで今日は、AC管とAG管で「音さぐり」をしてみたことについて、書いていきますね。

 
スポンサーリンク


AC管を吹くにはコツが必要!微妙な違いでも、音が全然変わってくるよ!

d3c81fc6b6ec7987487857eb7a58d551_s
オカリナには色々な種類の管があって、W管、P管、SG管、SF管、AC管、AG管と、たっくさんの種類があります。

その中でもAC管は、1番難しいですね。


オカリナを構える角度、右向き、左向き、上向き、下向きに吹くなどなど、ちょっとした工夫が必要になります。


また、口のくわえ方や口の内側の空間の作り方、舌の置く位置でも微妙に音が変わってしまうから、本当に難しいですよね。

さらにさらに、ブレスをオカリナ内面のどこに当てるかによっても、全く音が変化してしまいますし。





吹く曲の感じ(ゆっくり、静か、早い、激しいなど)で、ブレスの入れ方が変わるように、音の出る「ポイント」、「つぼ」がありますよね!


私もまだまだ修行中ですけど、ひたすら「あーでもない、こーでもない」と試行錯誤しているうちに「ポイント」、「つぼ」に出会う感じですよ!







AG管を吹くコツは、首を左方向にかなり傾けることだった!

56fc2c9c143caacd59e3e3f47b8c01e3_s
AG管を使っても、やっぱり音さぐりの日々。毎日、もくもくと、でもこれがまた楽しいのですけどね。

「あーでもない、こーでもない」と試行錯誤して思うのは、AG管はAC管よりクセが強くないということ。

ただし、AG管を吹く時は、首を思いっきり左方向に傾いて吹いてますよ!この状態が1番調子がいいですね。

こうすると、ブレスが少し楽になりました。

でも、AC管よりひとまわり大きいので、ブレスの量自体は、やっぱり必要なんですけどね。


私が作ってもらったオカリナは、ほんの少しだけピッチを高めにしてもらったので、高音もぶら下がらないで、とっても吹きやすいですよ。

これが一般的な市販のオカリナだったら、ピッチがぶら下がらないようにブレスを多く入れ込むことになるので、ブレスが長続きしないで、「ぜー・・・ぜー・・・」と、今にも逝ってしまいそうな状態になってたかもしれません。


低音管の方が、「ピッチほんの少し高め」は正解だったかもしれません。


AG管で宗次郎の曲を吹いてみたら、とっても感動した!

5e976bf7c4e2a8e9a611ec1c7f9a0b64_s
AG管で宗次郎先生の「Beautifull Hill」、と「風が谷間を降りてくる」を吹いてみました!

ええもう、ものすごく感動します、これ!眼前に情景が見えてしまいますからね!感動!



そして60代の昔女子(!)でもぜー・・・ぜー・・・しないで吹けるって本当にありがたいですね。

そんなAG管を作ってくれた、ポポロオカリナ様には感謝してもしきれません!




まあ私の技術はさておき、このAG管の音色に酔いしれてました。

もちろん、自己満足かもしれませんが、でも言ってしまえば、この「自己満足」こそが1番楽しいものです。




自分の気にいる音を探して、見つけて、吹いて、自己陶酔する・・・。最高ではありませんか!?




オカリナの「いい音」の見つけ方についてのまとめです!

04bcf4000071966273871eb354c4f795_s
自己満足と言われても、それでも「いい音」を探すのがオカリナの最大の楽しみかも。

色々と試行錯誤すると、楽しさ倍増です。あえて近道しないのも、いいかもしれませんね。



もちろん、オカリナ奏者の技術も必要ですけど、いい音にはオカリナ職人さんの技術のたまものです。

本当にいつもありがとうございます。かっこよすぎです。


それでは、また!