むじか おかりな こんぱーにょ

オカリナ だいすき 友の会

2016年09月

こんにちは、オカリナ礼音です。

オカリナに出会って15年。本当にこの楽器に出会えてよかったと思ってる、60代の主婦です。



年1回のペースでオカリナの発表会に参加していますけど、今年は念願の「宗次郎」の楽曲にチャレンジです!

今まではクラシック、ミュージカルが多かったのですけど、今回は初・宗次郎ですねー。どきどき。



宗次郎の楽曲を吹いてみて思うのは、やっぱりあの独特の世界観ですね。あれは宗次郎だからこそ、できることなんですよね。



そこで私、アマチュアながらも宗次郎の世界観に少しでも近づける為に、「ブレスコントロール」に注意してみました。


今日はそんな話題です。


 続きを読む
mixiチェック

こんにちは、オカリナ礼音です。

オカリナに出会って15年。本当にこの楽器に出会えてよかったと思ってる、60代の主婦です。



フレーズの最後の音や曲の最終音の終わり方はとても難しいものです。

いつもは舌をつかったタンギングで「プツッ」と切れてしまう終わり方をしていましたが、いつも「それだけでいいの?」と疑問がずっとモヤモヤしていました。

口の形や、口内の空間はどのように保ったらいいのでしょうか?


今回は音の終わり方、表情の付け方で工夫していることについて書いていきますね。


 続きを読む
mixiチェック

こんにちは、オカリナ礼音です。

オカリナに出会って15年。本当にこの楽器に出会えてよかったと思ってる、60代の主婦です。



同じ曲でもどのジャンルの曲を吹くかによって、随分と雰囲気が変わって聴こえることがありますよね。

ジャンルの違いを音楽的に説明することは難しくても、吹き方によってオカリナの音色は随分と変わるもの。

でもそのジャンルをどうやって練習するのか・・・が、長年の問題だったのです。




そこで、今回もいつもお世話になっている中北音楽研究所(伴奏CDを制作しているところ)に相談してみましたよ!


 続きを読む
mixiチェック

↑このページのトップヘ