こんにちは、オカリナ礼音です。

オカリナに出会って15年。本当にこの楽器に出会えてよかったと思ってる、60代の主婦です。



オカリナで目標とする人、憧れの奏者を持つことはとても大切なことです。

それはオカリナの上達するコツは、マネすることだからです。

私はプロの奏者で様々な方をマネしていますが、その1人に「茨木智博」さんがいます。

もうですね、すごいんですよ。音色を聞いただけで恋をするとは、まさにこのことです。


今回は茨木智博さんの魅力について、たっぷり語っていきたいと思います。



優しい息使い・優しい口元。

maxresdefault
引用:オカリナ 茨木智博 アシタカせっ記(「もののけ姫」より) Ocarina Tomohiro Ibaraki

茨木さんの魅力は、なんといっても「優しい息使い・優しい口元」です。

その優しい口元から奏でられる音色は、とても優しい、温かみのある音色で、心がとても落ち着いて癒されるのです。

「どうしてそんなに優しい音色なの!?秘密は何!?」と、勝手にyoutubeを見て観察してみると、その秘密は口元にあったのです。

それは、「口元にりきみがない」ことです。

茨木さんのyoutube、どれを見ても口元にりきみがありません。完全にリラックスしています。


こちらが茨木さんが吹いている動画です。ちょっと見てくださいよ。この優しい音色・・・。




ほら、私たちアマチュアって、どうしても「頑張ろう!」って気持ちが全面に出てしまい、口元に力が入ってしまいますよね。またその逆で、口元が緩んで息が抜けてしまったり。

私がオカリナを始めた頃を思い出してみると、ブレスをあの小さなオカリナの中に「これでもか!!」とブイブイ押し込んで吹いていたものです。

茨木さんの口元には、そんな力みが全くありません。120%リラックスです、ホント癒されます。



ちなみにオカリナ雑誌の「オカリナvol19」のインタビューでも、茨木さん自身も息圧について答えていらっしゃいました。

やはり「優しい、弱めの息圧」で吹いていらっしゃるようで。

優しい息圧でも、ときにダイナミックに、ときに繊細にと、メリハリをつけている。もうほんとすごいです!



茨木智博さんのお勧めCD!


そんな絶賛お勧めな茨木智博さんのお勧めCDを少しご紹介させて頂きますね。


1・cafe ocarina

懐かしてく、新しい。素朴で、繊細。可愛らしく、また切なく、癒される。

そんなキャッチコピーがぴったり当てはまるCDです。

自宅でこのCDを聞いていると、さながら森の中にあるcafeで一休みしている気分になれます。

茨木さんの優しさがこれでもか!とつまった一枚です。





2・オカリナ・ソングス

こちらも茨木さんの優しさがつまった一枚です。

「コンドルは飛んでゆく」「夢やぶれて」「アマポーラ」などの名曲が茨木さんの優しいオカリナの音色で、美しく、切なく蘇りました。ハンカチ必須です。




オカリナ礼音のまとめ!

04bcf4000071966273871eb354c4f795_s

オカリナを練習する上で、目標となる人、憧れの人を見つけることは大切です。

憧れの人の演奏をマネすることは、上達への近道ですし。

今回は私が大好きなオカリナ奏者、「茨木智博」さんをご紹介させて頂きました。

優しい音色に本当に癒されますよ。

それでは、また。