こんにちは、このブログを運営しているオカリナ礼音です。


数あるインターネットのページの中から、当ブログをご覧頂きましてありがとうございます。

このページでは、私のことについて書かせて頂きますね。



 

オカリナ礼音ってこんな人です。

新規ドキュメント 2017-01-25_1 (1)

60代の主婦です。子育ても終わり、二人の子供も今はもう独立しました。

今では孫たちと時々遊ぶのが何よりも楽しい時間です。

またこれまで30年間、幼児教育に携わってきたので、小さな子供と遊ぶのが得意です。


ちなみに似顔絵を書いてみました。こんな雰囲気です。よろしくお願いします。


私の性格。

・地道にコツコツするのが得意。

・とても緊張します。

・大の乳・幼児好き。(仕事で30年間やってきましたしね。)




オカリナを始めたきっかけ。

KIMG1115

今から30年前に「宗次郎」のコンサートをふらっと聴いて、すごく感動したのがきっかけです。

まだその頃の宗次郎の活動拠点は栃木だったのですよね。

でもその当時はまだ地元の楽器店にオカリナは並んでなく、その後15年たってから、ようやくオカリナを購入しました。45歳のときです。

その後3年間は独学で吹いていましたけど、やっぱりレッスンを受けたいと思い、48歳で個人レッスンを受けるようになりました。

楽器経験はピアノだけで、息を使う楽器の経験はそれまでありませんでしたけど、オカリナの持つ楽しさに魅力されて今も継続している趣味です。



オカリナと出会ってよかったこと。

支配的で完全コピーしか認めない母親の元、自分の子供時代に「自分を信じる」という経験をあまりしてこなかった為、気が付くと何事において自信がなく、自己表現が苦手になっていた。

そんなときオカリナに出会って、少しずつ自己表現ということを覚えてきたこと。オカリナの音色で心がのびのびとしてきたこと。

オカリナの音色には自分で自分の心をいやし傷ついた心を優しく包む力があると感じています。


ずばり!オカリナの魅力を一言で表すとコレです!

とても小さな楽器で持ち運びに便利。初夏の気持ちのいい晴れた日に、誰もいない河原でオカリナを吹くのが好き。


上手い下手関係なく、とっても気持ちよくなれる楽器。

奥の深い楽器だけど、気軽に入門しやすいのもオカリナの魅力。




好きなこと。

・絵本を読むこと。(特に孫と。純粋な気持ちになれますよね。)

・ミュージカルの観劇(劇団四季、宝塚)

・ガーデニング(バラは大小20本ほどあります。)




好きなアーティスト

音楽のジャンルはフィーリング系やいやし系が好きです。気持ちがとてもリラックスできるので。

好きなアーティストも、そんな嗜好が反映されてます。


ピアニスト

リチャードクレイダーマン

フランク・ミルズ

加古 隆

オカリナ奏者

宗次郎

佐藤一美




当ブログをご覧のみなさまへ。

数あるインターネットのページから当ブログをご覧いただきありがとうございます。

60代なると、それまでの仕事・子育てから解放されて肩の荷が下りて一息つける反面、どこか時間があまってしまい、生活に張りがなくなってしまうものです。

私はちょうどそのタイミングにオカリナと出会うことができ、一生付き合える趣味とすることができました。

本当にあのとき、オカリナに出会ってよかったと思っています。


当ブログを通じて、オカリナを練習してみて学んだ技術的なことはもちろん、60代からの趣味・ライフスタイルについても発信していきたいと思っております。

よろしくお願い致します。